高血圧ガイド TOP → 高血圧の予防 水をたくさん飲もう!

水をたくさん飲もう!

血液は様々な成分で構成されていますが、その成分は水に溶けており、血液として身体を巡っています。そのため、運動の後や、猛暑などで汗をかいて体の水分が外に出て行ってしまうと、血液がドロドロになってしまい、高血圧を引き起こしてしまいます。

ドロドロの血液は、血管に負担もかかりやすくなるため、動脈硬化が起こりやすくなります。そして動脈硬化がが進行すると血栓ができやすくなり脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まります。

そのような状態にならないよう喉が完全に乾く前に少しずつ水を摂取しましょう。、習慣化するまで始めは意識して水を飲むようにします。。特に高齢者の場合は、生理反応も鈍くなって来ていますから、喉が渇いたとなかなか感じにくくなっています。本人が気にしているばかりでなく、周囲の家族なども一緒に水を多く飲む生活に変えると、水を飲み忘れたり、量がどんどん減っていってしまうなども起きにくくなります。

また、睡眠中も多くの水分がなくなります。寝ているときは汗などでかなりの水分を消費するのです。睡眠中、水分不足にならないためにも、寝る前と起床後に水を補給するようにすることも良い習慣です。

高血圧の予防

レーシック
レーシックなら吉野眼科の吉野先生がオススメです!

クラフォラン
クラフォランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!