高血圧ガイド TOP → 高血圧の予防 高血圧になりやすい食品

高血圧になりやすい食品

高血圧を効果的に予防するためには、高血圧に有効な食品やサプリメントを積極的に摂取するほか、塩分の多い食品など高血圧を引き起こす食品を節制することも重要になります。

塩分の多い食事を多く摂ることで、生活習慣病を招きやすくなり、動脈硬化の原因になります。動脈硬化が進行し、高血圧症になった場合は、脳や心臓、腎臓に深刻なダメージが起こることがあります。日頃の食事から注意するようにしましょう。

塩分の多い食品は、ラーメンや魚の干物、ベーコンやウインナーなど肉を加工した食品が代表です。他にはたらこや筋子など塩に漬け込んだ食品はやはり塩分が多く注意が必要です。貝類にも比較的塩分が多く含まれます。

ラーメンを初めとするスープ類は特に注意しましょう。味噌汁も塩分が高めですし、一見健康そうなお茶漬けなども多く塩分を含みます。ラーメンなどを食べるときは、スープは最後まで飲まないようにした方が良いでしょう。

しかし、塩分を多く含む食品は、おいしいものが多いことも事実ですからこれらを全く摂らないように、節制した生活を送るのは長続きせず無理があるかもしれません。

それでも例えば、ラーメン一杯食べると1日に必要とされる塩分の量をそれだけで超えてしまいます。毎日ラーメンなど塩分の高い食品をとることは避けたほうがよいです。高血圧や生活習慣病が進行してからでは、本当に何も食べれなくなってしまいます。

高血圧の予防

エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!