高血圧ガイド TOP → 高血圧の予防 高血圧に塩分はなぜ悪い?

高血圧に塩分はなぜ悪い?

塩分の摂りすぎは高血圧になるから駄目だとよくいわれます。それでは、何故塩分の摂りすぎが高血圧の原因のなるのでしょうか?

塩分の多い食品は、外食中心の濃い味付けや、お菓子など生活習慣病になりやすい食品が多いことから、それを防止するためという意味もありますが、例え生活習慣病にならなくても塩分の摂りすぎによって高血圧を引き起こしやすくなります。

塩分とはナトリウムのことですが、ナトリウムには筋肉を収縮させる働きがあります。体内のナトリウムが増えることで筋肉が収縮しやすくなり、血管を狭くします。さらにナトリウムは血液中の水分を増やすため、血液量が上がります。そのため心臓はより多くの血液を送り出さなければならなくなり、これもやはり血圧を挙げる原因となります。

塩分は腎臓にも同時に悪影響を及ぼします。腎臓は必要ない成分を濾して、尿として体外に排出するのですが、ナトリウムが多く含まれる血液、ナトリウムによって水分が増えた血液成分を正常に保つためには、より大きな力が必要となり、さらに血圧が上がっていくという悪循環に陥ってしまいます。

日本人は欧米に比べて、魚や野菜を好み、味付けも薄めで上品などのイメージがありますが、現在の日本人は、欧米人と比べて約2倍も塩分を多く摂取しているというデータもあります。和食は多くの食材を使用し、確かに体にいいお料理が多くありますが、いずれにしても味噌や醤油、化学調味料の使いすぎにも注意が必要です。

高血圧の予防