高血圧ガイド TOP → 高血圧が引き起こす病気 合併症

合併症

高血圧はその圧力によって血管壁を疲れさせ、動脈硬化の原因となります。動脈硬化よって、流れの悪くなった血液はますます高血圧を進行させ、様々な合併症を起こす原因となってしまいます。

高血圧の合併症による慢性疾患は大きく分けて、脳血管に障害を及ぼす脳血管障害、心筋への血液の流れが滞ることにより起こる心臓疾患や腎臓疾患、そして動脈自体に瘤などができる血管疾患があります。

合併症で最も恐ろしいのは脳卒中です。高血圧は脳圧を高め、脳出血と密接な関係があります。脳に起因して症状が出た場合は死亡してしまう他、身体の麻痺や認知症などの寝たきりや不自由な生活を強いられてしまう生涯につながります。

高血圧が心臓に起こす疾患には、心筋梗塞や狭心症など心臓の動脈硬化によって起こるものや、高い血圧に心臓の筋肉が鍛えられて肥大してきてしまう、心肥大や心不全などがあります。

上記のような緩やかに起こる合併症のほか、急激な発作を起こす緊急性を要する疾患も引き起こされます。血圧の急激な上昇は脳にも影響を与え、頭痛や視力障害を起こす高血圧緊急症が起こることがあります。

合併症を併発してしまうと、外科的な手術が必要となるも疾患や血栓と溶かすために長時間の点滴が必要となり、時間の負担も費用に負担も大きくなってしまいます。高血圧の予防と対策でこれらの合併症を予防しましょう。

高血圧が引き起こす病気