高血圧ガイド TOP → 高血圧と薬 利尿薬

利尿薬

利尿薬は尿の量を増やす薬です。尿には、血液中の不純物も含まれますから、尿の機会を増やし、不純物を多く取り除くことで血圧が降下します。

利尿薬の中でもいくつか種類があります。サイアザイド系利尿薬という遠位尿血管内でNa,CIの再吸収を阻害することで尿量を高める利尿薬が最も多く用いられますが、他にもカリウム保持性利尿薬やループ利尿薬を用います。

サイアザイド系利尿薬は高血圧の治療薬としてよく用いられ、実績もあり効果も高い治療薬ですが、尿量を増やしてより多くの水分を体外に排出する際に、カリウムも一緒に流れてしまうことによる副作用が懸念されます。

カリウムが不足すると塩分が体内に残りやすくなり、血圧を上げる原因となります。服用によりカリウムが不足している検査結果が出る場合は、カリウム保持製利尿薬も同時に服用し、カリウム濃度を保持するようにします。また、腎臓に作用する効果で、低ナトリウム血症が進行する場合があります。

腎機能に影響を与えない利尿薬としてサイアザイド系ではなく、ループ系利尿薬を用いる場合もあります。サイアザイド系と同じくNaとCIの再吸収を防ぐ効果がありますが、サイアザイド系が腎臓の遠位尿細管に作用するのに対し、ヘンレのループに作用します。

カリウム保持性利尿薬は、文字通り尿中のカリウムが排出される働きを抑制します。ナトリウムの再吸収は阻害します。抗利尿ホルモンである「アルドステロン」を阻害して効果が出ますので、抗アルドステロン薬とも呼ばれます。

高血圧と薬

アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!