高血圧ガイド TOP → 高血圧と薬 交感神経遮断薬

交感神経遮断薬

交感神経のアドレナリン受容体に作用して降圧させる薬のことで、「α受容体遮断薬」と「β受容体遮断薬」の他、両方に作用する「αβ遮断薬」があります。

α受容体とは、血管が収縮して血圧を上昇させる働きをするアドレナリン受容体の種類で、β受容体とは、心機能の亢進作用や血管の弛緩作用のあるアドレナリン受容体です(正確にはα受容体はα1とα2が存在し、β受容体もβ1からβ3まであり、作用も異なるのですが、複雑になってしまいますので、ここでは全体像だけ説明することにします)。

α受容体遮断薬とは、血管の収縮作用によって血圧を上昇させるα受容体を阻害する薬のことです。この薬を高血圧治療のメインとすることはありませんが、メタボリックシンドロームに由来する高血圧の治療薬などとして用いられます。

β受容体遮断約は、心拍数が高い場合や腎臓の傍糸球体細胞からのレニン放出により血圧の上昇が見られる場合などに用いられますが、他の降圧剤と比べて、心臓や血管への効果が薄いため、α受容体遮断約と同じくメインの高血圧治療薬とはなりません。しかし、心臓の疾患に由来する高血圧(心筋梗塞、狭心症、心不全など)の場合には良く用いられる薬です。

β受容体遮断薬の副作用として、心機能の低下や消火器機能の低下などが見られます。また、低血圧症状が副作用として現れる場合があります。また、β受容体遮断薬の種類によっては、気管支喘息や閉塞性動脈硬化が悪化したり、低血糖症になる場合もあります。

高血圧と薬

http://www.chameleon-honsya.com/
様々な用途のコンクリート補修