高血圧ガイド TOP → 高血圧と薬 ACEI/ARB

ACEI/ARB

ACEIは、ACE阻害薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬ともいいます。ACEとは変換酵素で、アンジオテンシンTをアンジオテンシンUに変換(活性化)します。アンジオテンシンUには、血管を細くし血圧を上げる働きがありますので、アンジオテンシンTがアンジオテンシンUにならないようにする薬です。

アンジオテンシンUを直接阻害する薬としては、「アンジオテンシンU受容体拮抗薬」があります。どちらの薬にも腎保護作用があると考えられています。

アンジオテンシンU受容体拮抗薬は、ARBやAU阻害薬ともいわれます。高血圧治療に良く用いられる治療薬の一つです。アンジオテンシンUには、前述のように血圧を上昇させる働きがあるほか、腎臓内でNaの再吸収を促進させたり、アルドステロン合成を促進させる働きがあります。高血圧の治療に用いるほか、心不全や糖尿病に由来する腎臓病などにも用いられます。

アンジオテンシン系の治療薬は妊婦さんや肝機能障害を持っている方に用いることはできません。

ARBの副作用には、顔のむくみや紅潮、カリウム濃度が高まり過ぎることによる手足のしびれのほか、腎不全(尿量が落ちる)、肺炎、高熱や眼の充血などが見られます。

ACEIは初回服用時に血圧が下がり過ぎることによる失神などが起こる場合があります。利尿剤と同時に服用する場合も同じように血圧が下がりすぎて失神などの低血圧症状が出ることがありますので、注意が必要です。

高血圧と薬

ウォーターサーバーレンタル 無料
天然水を手軽に生活に!

ピアノ 初心者
ピアノを初心者ならLACOMSのEME!

アレグラ
アレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!