高血圧ガイド TOP → 高血圧と薬 カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は血管の拡張作用のある薬で、降圧薬としてよく用いられる薬です。名称から勘違いしやすいですが、体に必要な栄養素である「カルシウム」を阻害(拮抗)する薬ではなく、血管膜にあるカルシウムチャネルを阻害することで血管を拡張させる薬です。

すこし、専門的な話になってしまいますが、カルシウムチャネルとはイオンチャネルの一つです。イオンチャネルとは膜にあるタンパク質のことでイオンが通過する穴を開けたり閉めたりします。

透過するイオンの種類がカルシウムの時は、このイオンチャネルをカルシウムチャネルといいます。このカルシウムチャネルの通り道を阻害することで効果を発揮する薬です。

カルシウム拮抗薬は、服用中に特定の食品を食べると、薬の効果が強く出過ぎてしまう相互作用があります。代表的な食品はグレープフルーツで、大抵同時に食べたり薬を飲んだりしないよう医師から指導されます。他にも、夏みかんなどでも同じような強い作用が出てしまいますが、柑橘類全てが駄目なわけではなくオレンジジュースには相互作用が見られません。

降圧効果が高く心臓への負担の少ないジヒドロピリジン系や、すこし効果がマイルドなベンゾチアゼピン系、血管よりも心臓に強い作用を示すフェニルアルキルアミン系などの種類があります。

高血圧と薬

ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/