高血圧ガイド TOP → 高血圧と薬 高血圧治療薬とは?

高血圧治療薬とは?

高血圧は自覚症状の無いまま進行し、動脈硬化などの深刻な合併症を引き起こします。そのような二次的疾患を防ぐために、高血圧患者は重度の高血圧に進行しないよう食生活を見直したり、タバコやアルコールを節制したりなどの火薬物療法に取り組みますが、それでも血圧が基準値に達しない場合に、降圧薬という血圧を下げる薬を用いて血圧をコントロールする治療です。

血圧をコントロールする為の治療薬には様々な種類がありますが、主に自律神経系やレニン(タンパク質分解酵素の一つ)、アンジオテンシン(ポリペプチドの一つで昇圧作用がある)系に作用し降圧します。

治療薬には、利尿薬やカルシウム拮抗薬など数種類がありますが、通常は1つの治療薬だけ服用することは少なく、いくつかの治療薬を組み合わせて服用し、それぞれの治療薬の複合させることで、より高い効果を狙います。

主な治療薬の種類には、尿の量を増加させる「利尿薬」や筋肉を収縮させる働きもあるカルシウムイオンを遮断する「カルシウム拮抗薬」、アンジオテンシンに作用して昇圧を防ぐ「ACEI(アンジオテンシン変換酵素阻害薬」、レニンの働きを抑制することで降圧させる「レニン阻害薬」、アドレナリンをコントロールして血圧を制御する「交換神経遮断薬」である「α受容体遮断薬」と「β受容体遮断薬」などがあります。

いずれの薬も副作用の可能性もありますので、薬を飲んだことでアレルギー性の反応を起こす、または薬が予想以上に効きすぎてしまうなどの症状がでましたら、直ちに服用を中止し医師に相談します。

高血圧と薬

イタンゴ
イタンゴなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

白衣 女性
白衣の女性のユニフォームなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!