高血圧ガイド TOP → 高血圧の基礎知識 二次性高血圧の原因

二次性高血圧の原因

二次性高血圧とは、他の気によって高血圧が引き起こされるものです。一時性の高血圧か二次性の高血圧かは入院して検査を行い診断します。二次性高血圧には、腎臓から起こるもの、分泌臓器から起こるもの、血管や血液によるもの、脳の病気から起こるものの他、薬の副作用などが考えられます。

腎臓は血液をきれいにして、不要な部分は尿として排出させる臓器です。腎臓や尿の疾患は高血圧につながりやすく、注意が必要です。腎動脈狭窄や腎不全や糖尿病などの腎症、腎臓の周囲が炎症を起こしていたり、尿管が閉塞しているような症状です。

ホルモンの分泌異常から分泌器官に異常が起こる疾患には、副腎皮質腺種やクッシング症候群や褐色細胞腫、特発性アルドステロン症があります。そして、血管性高血圧の代表的なものは大動脈祝窄症や大動脈炎症症候群です。

2次性高血圧は原発性の高血圧と違い、高血圧の原因ははっきりしているわけですから、元となる病気を取り除けば改善します。治療法方は疾患によって、手術が必要だったり、薬物療法を行ったりと様々ですが、いずれも元となる病気の改善に伴って高血圧も改善していきます。そのためにも、二次性高血圧の症状かなと感じたら、早めに医師に相談し、検査によって原因を特定することが大切です。

高血圧の基礎知識

事務服 パンツ
事務服のパンツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!