高血圧ガイド TOP → 高血圧の基礎知識 自覚症状

自覚症状

高血圧症自体には自覚症状はありません。よく高血圧症の頭痛やめまいなどがいわれますか、これらの症状が出るのは、別の原因となる病気が既にあり、副次的に血圧が高くなっているためです。

このような違う病気に由来する高血圧を「二次性高血圧」といい、高齢になるに従い、いつのまにか原因不明で起こる高血圧を本態性高血圧といいます。高血圧患者の9割以上は本態性高血圧です。

本態性高血圧は自覚症状がほとんどないため、定期的な検査をしていないと気付くのが非常に遅れ、合併症の危険が高まります。 二次性高血圧には、原因となる病気の部位により様々な症状が現れます。

「脳」に起因する高血圧の場合、頭痛や耳鳴り、めまい、睡眠障害、手足の痺れなどを感じます。「眼」に起因する場合は、視力障害や眼底出血がみられます。心臓に起因する場合は、胸痛や心肥大、慢性的な動悸がみられ、腎臓に起因する場合は、手足がむくんだり、睡眠中の頻尿が現れます。

高血圧は「サイレント・キラー」とも呼ばれるほど、自覚症状が少なく見つかりにくい病気です。定期的な検査をしたり、家庭用の血圧計を導入してみるなどして日頃からの注意が大切です。高血圧は進行していなければ、有効な治療もある病気です。合併症が起こってしまう前に見つけて、医師にかかることが大切です。

高血圧の基礎知識

TOEIC 講座 代々木
TOEICの講座を代々木でなら英会話スクールのLACOMS!

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

アンカロン
アンカロンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!