高血圧ガイド TOP → 高血圧と漢方 七物降下湯

七物降下湯

「しちもつこうかとう」と読みます。その名のとおり、7つの生薬からなる漢方で、血液の流れを改善する効用があります。血液の流れがスムーズになることにより、血圧を下げる効果も期待できます。

高血圧の随伴症状(のぼせや頭痛、肩こり、耳鳴り)や本態性高血圧などの高血圧の諸症状のほか、更年期障害にも効果があります。修琴堂処方の大塚敬節氏によって考案された漢方薬です。

七物降下湯の7つの生薬とは、「黄耆(オウギ)3g」「黄柏(オウバク)2g」「地黄(ジオウ)3g」「芍薬(シャクヤク)4g」「川キュウ(センキュウ)3g」「釣藤鈎(チョウトウコウ)3g」「当帰(トウキ)4g」からなります。血管を広げる作用のあるもの、身体を温めて血液の流れが良くなる作用のあるものが組み合わされて、高い効果が期待できます。

用法は、成人であれば、1回2.5g程度を3度に分けて食間に服用します。食間とは、例えばお昼ご飯と寄るご飯の間の午後3時など、食事と食事の間のことです。量は年齢や体格などで調整してください。

漢方薬には副作用はないとの誤認もありますが、少ないながらも副作用もあります。七物降下湯を用いて、食欲が無くなったり、吐き気を催す、下痢になるなどの症状が出る場合は、医師に相談し服用を中止したほうがいい場合もあります。また、胃腸の弱い方や、もともと食欲不振や嘔吐のある方は身長に服用する必要があります。七物降下湯は保険が適用されます。

高血圧と漢方

【鳩対策・鳩駆除・ハト対策・ハト駆除・糞害対策】は、まぶでんhttp://mabuden.com/


OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/