高血圧ガイド TOP → 高血圧に良い食品 カルシウム・カリウム食品

カルシウム・カリウム食品

食品に含まれるミネラル(無機質)は、必須元素の一つで高血圧にとって非常に有効な成分です。高血圧対策としては、減塩が真っ先に浮かびますが、ミネラルに含まれるカルシウムとカリウムの働きも見逃せません。

カルシウムは牛乳や桜海老やしらす干しなどの丸ごと食べれる魚類などに多く含まれる栄養素で、骨や歯の形成を助けます。現代人の食生活の多くでは、カルシウム不足を招くとの調査もあります。カルシウムの不足で起こる、骨粗しょう症の患者の多くは高血圧になるとのデータもあります。

カリウムは体の余計な塩分を効率よく体外に排出する働きをします。カリウムの摂取し過ぎは心臓や腎臓の障害を起こすとされますので、摂り過ぎには注意が必要ですが、食物繊維と一緒に摂ることによって、非常に効果的な高血圧対策になります。食物繊維はナトリウム(塩分)の吸収を押さえ、カリウムが体内にとどまるのを防ぐ働きがあります。

カリウムを多く含む食品には、野菜では、パセリやよもぎ、ほうれん草に多く、根菜では、ゆり根や大和芋などに多く含まれます。また、ぎんなんや大豆、納豆など豆類にも多く含まれます。

カリウムの取り過ぎは体に毒ですが、普通の食事では、毒になるほどカリウムを取ることはできませんので、ほとんどの場合注意は必要在りません。ただし、腎機能疾患により尿の排泄に障害がある場合は、注意してください。

高血圧に良い食品

ファイルメーカー
http://db-pro.com/